アルピナウォーターの水素サーバーで毎日できたて水素水

高濃度のアルピナ水素サーバー

水素水を摂取するにあたってその濃度を気にしている方も多いと思います。アルピナウォーターの水素サーバー、他社の水素サーバーに比べて高い3.4ppmの水素溶存濃度を実現しています。水素は分子が細かいため、充填されたときから抜けていってしまうために、手元に届くまで時間がかかる缶やパウチタイプの物とは違い濃度を比較的保ったままの状態で飲むことができます。アルピナウォーターが高濃度の水素溶存を実現できる秘密は生成方式にあります。ほとんどの水素水サーバーが電極直接接触式の水素発生方式を採用しているのに対して、アルピナウォーターは最新式の「気体過飽和式」という方法を採用しています。電極触接接触式は、コストは低く抑えられますが、水素発生の濃度が低く、電極金属が水に溶けだすというデメリットがあります。一方気体過飽和式は、電極金属が水に接触しないので水に溶けだすことはなく、水素発生濃度も高いも高いのが特徴です。

月々のコスト

水素水サーバーというと高いイメージですが、アルピナウォーターは12Lボトルで948円という格安なウォーターサーバーです。月々のサーバー代は572円にプラスボトル代で水素水をいつでも摂取できます。ウォータサーバーには水素発生器がとりついているので、できたての水素水を飲むことができますし、水素水を使わない時にはスイッチを切り替えることで普通のアルピナウォーターにすることもできます。他社のウォーターサーバーのように月々の水の注文ノルマもないので自分のペースで使用することが出来ます。他社に比べてとても安価で購入することのできるアルピナの水素水サーバー。宅配でお水を家まで運んでくれるので簡単でとても便利です。